JAいわて中央の農業

産地の風景

「ふじ」最盛期に!

IMG_9180

JAいわて中央管内では、リンゴ「ふじ」の収穫作業が最盛期を迎えています。

 

JAに集まるリンゴ約25万箱(1箱10㌔)のうち、約半数が「ふじ」です。

多くのリンゴ農家さんが1年の中で、最も忙しい時期でもあるんです!

 

「ふじ」は果汁たっぷりでジューシー、香りもあって、

甘くて美味しいリンゴですよね!

IMG_9882

 

毎日、たくさんのリンゴがトラックに積み込まれ

JAの選果場から県内外へ出荷されています!

 

IMG_0764

 

JAいわて中央では、管内を2つのエリアに分け

隔年で特別栽培リンゴに取り組んでいます。

今年、特別栽培に取り組んでいるのは、盛岡市内の生産者が中心です。

 

病気や害虫に弱いリンゴで、特別栽培(県が定める一般的な栽培方法=慣行栽培に対し、

化学農薬の使用量を半分以下、化学肥料の窒素成分量を半分以下にする栽培方法)に取り組むのは

とてもリスクが高いのですが、今年も無事により安全で、美味しい特別栽培リンゴができました!

 

◆◆◆JAいわて中央特別栽培リンゴのご注文はこちらから◆◆◆

楽天市場「春夏秋冬産直だより」JAいわて中央特別栽培リンゴ

 

旬の西洋梨は

IMG_6713

JAいわて中央は、県内で最も西洋梨の栽培が盛んな地域です。

IMG_6705

現在は「ゼネラル・レクラーク」という種類の西洋梨を出荷しています。(写真㊤)

 

レクラークは甘く濃厚な香り、とろけるような柔らかさが特徴の西洋梨です。

とっても美味しいですよ!!

 

JAいわて中央管内で作られる西洋梨は、レクラークのほか

「オーロラ」「マリゲットマリラ」「バラード」「ラ・フランス」などです。

岩手県内だけでなく、関東地方を中心に、県外の市場やスーパーへも出荷しています。

 

IMG_6732

秋は果物が豊富にあり、リンゴもたくさんの種類が販売されていますが、

ぜひ西洋梨も手に取ってみてください!

 

レクラークはネット販売中!ページはこちらから

もっと通・いわて 楽天市場店 JAいわて中央

「食農立国」のロゴ入り

IMG_1916

JAいわて中央から出荷する農産物の箱には

JAブランド「食農立国」のロゴが必ず入っています。

 

このブランドには、生産者と消費者のつながりを大切にし、

食卓に安全・安心で美味しい農畜産物だけでなく

美しい農村の風景を提供し続けたいという、私たち産地の思いを込めています。

 

間もなくリンゴ「ふじ」の出荷が本格化するJA選果場では

リンゴのあま~い香りとともに

たくさんのリンゴ箱が並び始めています(これは昨年11月末に撮影したもの)

 

JAいわて中央は、岩手県内でも最もリンゴ生産が盛んな地域です。

IMG_1109

 

今年のリンゴは平年より1週間程度生育が進んでおり、

いつもより少し早く生産者やJA選果場は動いていますが、

「ふじ」などの晩生種(収穫期が遅く、11月頃に収穫されるもの)はあくまで味重視!

味がのってから収穫し、県内外の消費地へ美味しいリンゴをお届けします!!

 

IMG_1118

ジョナも後半に

IMG_2994

JAいわて中央管内では、

リンゴ「ジョナゴールド」の収穫・選果作業が後半に入っています。

産地ではよく略して「ジョナ」と呼びますが、

酸味があって爽やかな味のシーズン中盤の品種です。

 

JAいわて中央は日本で唯一、

JA単位での特別栽培リンゴの生産販売に取り組んでいます。

 

特別栽培とは化学合成農薬と化学肥料の使用量を、

県が定める慣行栽培の半分以下に抑えるものです。

 

病気や虫に弱いリンゴを、農薬を減らして作ることはとてもリスクが高いことです。

しかし、生産者とJAが地道な努力を続けて

より安全で安心、しかも美味しいリンゴを消費者に届けています。

 

さらに!JAいわて中央は美味しさ・見た目の美しさを比べ、

県で一番のリンゴを決める「いわて純情りんごコンテスト2015」でも総合の部5連覇中です!

 

先日は、そのコンテスト第一部に出品する「ジョナゴールド」の選抜が行われました。

IMG_2991

この日はJAいわて中央りんご生産部会都南(となん)支部での選抜でしたが、

農家の皆さんが持ち寄ったリンゴは、なんと約1,400個!!!

 

IMG_2951

エアーコンプレッサーを使って、リンゴについている汚れを落としていきます。

 

IMG_3023

表面をよ~く見て、傷がついているものなどは外していきます。

 

IMG_3037

コンテストは「総合の部」「品種の部」「若者の部」と3つの部門があるので

どのリンゴをどの部門に出品するか決めていきます。

18時から始まった選抜の作業は、22時までかかりました…。

 

 

糖さや硬さ、重さ、傷などたくさんの審査項目があり、

コンテストには県内各地のリンゴ産地から選りすぐりのリンゴが集まります。

審査は本日午後から行われる予定です。

刈り取りスタート!

IMG_9761

JA管内では、もち米の刈り取りがスタートしています。

 

特に、「ヒメノモチ」という品種のもち米は

日本有数の生産量を誇り、県内外へ出荷されています。

中旬頃からは、うるち米「ひとめぼれ」や「どんぴしゃり」の刈り取り作業も始まる予定です。

旬のブドウが

IMG_1519

JAいわて中央管内の紫波町内のブドウ園地では、

今月上旬から収穫作業が始まっています。

平年より1週間程度生育が進んでおり、今年は雨が少なかったため

とても美味しいブドウに仕上がっています。

 

実はJAいわて中央は、岩手県内7JA別で

最もブドウ栽培が盛んな地域なのです!生産量、販売額共に県内一!

 

その中でも主力の品種「キャンベル・アーリー」が収穫期に入りました。

IMG_1526

 

「ナイアガラ」も同じく収穫作業が進んでいます。

IMG_1566

 

生産者の皆さんがJA選果場へ運び込んだブドウは、

県内市場を中心に出荷され、スーパーなどで販売されています。

ブドウの収穫期はまだまだ続きます!旬のブドウをぜひご堪能ください!

【トマト、ブルーベリーの出荷作業】

IMG_5471

JAいわて中央盛岡地域営農センターの選果場ではトマトやブルーベリー、ズッキーニなどの出荷作業を行っています。
ブルーベリーは(株)JAシンセラなど県内で販売されるほか、関東や四国・中国地方の市場、スーパーなどでも流通しています。

7月10日には、選果場で盛岡市立見前南中学校の生徒10人が職場体験を行い、ブルーベリーの出荷作業、トマトの選果作業、トマトの出荷作業などを体験していました。

トマトの選果を体験した生徒は「農家の苦労やありがたさを感じたくてJAを体験先に選びました。選果は楽しいけどサイズを見極めたり、綺麗に箱詰めするのが難しいです」と話していました。

生徒たちはテキパキと作業していましたよ!頼もしいですね!

① ph2 IMG_5421

ズッキーニ出荷中!

IMG_6593

JAいわて中央では、新品目としてズッキーニの生産・販売に力を入れています。

 

昨年から本格的に取り組みをスタートし、

昨年は計約4haでしたが、今年はなんと12ha!

※1ha(ヘクタール)は、約100m×100mです

 

収穫期も最盛期に近づいており、

関東や中国・四国地方の市場、スーパーへ向けて

JA管内の選果場からズッキーニの出荷を行っています。

IMG_6937

 

大きなトラックに積み込んで、いざ出発です!

IMG_6963

トラックの中には、JAいわて中央「食農立国」のロゴと

姉妹提携を結ぶJAえひめ南のキャラクターが描かれているものもあります!

エダマメを播いています!

IMG_1578

JA管内の紫波町草刈の農事組合法人ゆいっこの里犬草では、エダマメの播種(はしゅ)作業が始まっています。

 

昨年はお米を作っていた田んぼ(1ha)に、今年は転作としてエダマメを作るとのこと。

この日は「湯あがり娘」という品種です。

 

まずは、ごろごろと固い土が残っている圃場に機械を入れ、耕起していきます。

IMG_1626 IMG_1662

 

耕起の前後では、表土の色も塊の大きさも違うことが分かります。

IMG_1642 IMG_1633

 

そして、機械を使って、種と肥料を同時に播いていきます。

 

IMG_1573 IMG_1599

 

播種が終わると除草剤を散布し、最後に、圃場の外周に溝を掘ります。

IMG_1678 IMG_1681

この溝がポイント!

これは「明渠(めいきょ)」と呼ばれ、排水対策の一環で掘っているとのことです。

明渠を設置することで、水はけが良くなり

生産者の方も「これがあるのとないのでは全く違うんだよ」と教えてくださいました。

 

管内では、転作としてエダマメのほか、小麦やソバなども作っています。

小麦の刈り取りは、今月下旬から始まる予定です。

エダマメ「湯あがり娘」の収穫は8月中旬~下旬とのこと。楽しみです!

ブドウの花が

2015060501

JA管内で栽培されている果実の中で、リンゴの次に生産量が多いのがブドウです。

 

その多くが紫波町内で栽培されており、

現在、平年より1週間程度早く、開花期を迎えています。

20150605

 

よく見ると分かりますが、ブドウの花は花びらを持たず、

めしべとおしべだけがあるんですよ。小さくて可愛らしいですよね。

 

ブドウ農家はこれから、一つひとつ手作業で房を整えたり、摘粒するなど、とても細かい作業が続きます。

 

↑ページトップへ