JAいわて中央の農業

産地の風景

旬のブドウが

IMG_1519

JAいわて中央管内の紫波町内のブドウ園地では、

今月上旬から収穫作業が始まっています。

平年より1週間程度生育が進んでおり、今年は雨が少なかったため

とても美味しいブドウに仕上がっています。

 

実はJAいわて中央は、岩手県内7JA別で

最もブドウ栽培が盛んな地域なのです!生産量、販売額共に県内一!

 

その中でも主力の品種「キャンベル・アーリー」が収穫期に入りました。

IMG_1526

 

「ナイアガラ」も同じく収穫作業が進んでいます。

IMG_1566

 

生産者の皆さんがJA選果場へ運び込んだブドウは、

県内市場を中心に出荷され、スーパーなどで販売されています。

ブドウの収穫期はまだまだ続きます!旬のブドウをぜひご堪能ください!

【トマト、ブルーベリーの出荷作業】

IMG_5471

JAいわて中央盛岡地域営農センターの選果場ではトマトやブルーベリー、ズッキーニなどの出荷作業を行っています。
ブルーベリーは(株)JAシンセラなど県内で販売されるほか、関東や四国・中国地方の市場、スーパーなどでも流通しています。

7月10日には、選果場で盛岡市立見前南中学校の生徒10人が職場体験を行い、ブルーベリーの出荷作業、トマトの選果作業、トマトの出荷作業などを体験していました。

トマトの選果を体験した生徒は「農家の苦労やありがたさを感じたくてJAを体験先に選びました。選果は楽しいけどサイズを見極めたり、綺麗に箱詰めするのが難しいです」と話していました。

生徒たちはテキパキと作業していましたよ!頼もしいですね!

① ph2 IMG_5421

ズッキーニ出荷中!

IMG_6593

JAいわて中央では、新品目としてズッキーニの生産・販売に力を入れています。

 

昨年から本格的に取り組みをスタートし、

昨年は計約4haでしたが、今年はなんと12ha!

※1ha(ヘクタール)は、約100m×100mです

 

収穫期も最盛期に近づいており、

関東や中国・四国地方の市場、スーパーへ向けて

JA管内の選果場からズッキーニの出荷を行っています。

IMG_6937

 

大きなトラックに積み込んで、いざ出発です!

IMG_6963

トラックの中には、JAいわて中央「食農立国」のロゴと

姉妹提携を結ぶJAえひめ南のキャラクターが描かれているものもあります!

エダマメを播いています!

IMG_1578

JA管内の紫波町草刈の農事組合法人ゆいっこの里犬草では、エダマメの播種(はしゅ)作業が始まっています。

 

昨年はお米を作っていた田んぼ(1ha)に、今年は転作としてエダマメを作るとのこと。

この日は「湯あがり娘」という品種です。

 

まずは、ごろごろと固い土が残っている圃場に機械を入れ、耕起していきます。

IMG_1626 IMG_1662

 

耕起の前後では、表土の色も塊の大きさも違うことが分かります。

IMG_1642 IMG_1633

 

そして、機械を使って、種と肥料を同時に播いていきます。

 

IMG_1573 IMG_1599

 

播種が終わると除草剤を散布し、最後に、圃場の外周に溝を掘ります。

IMG_1678 IMG_1681

この溝がポイント!

これは「明渠(めいきょ)」と呼ばれ、排水対策の一環で掘っているとのことです。

明渠を設置することで、水はけが良くなり

生産者の方も「これがあるのとないのでは全く違うんだよ」と教えてくださいました。

 

管内では、転作としてエダマメのほか、小麦やソバなども作っています。

小麦の刈り取りは、今月下旬から始まる予定です。

エダマメ「湯あがり娘」の収穫は8月中旬~下旬とのこと。楽しみです!

ブドウの花が

2015060501

JA管内で栽培されている果実の中で、リンゴの次に生産量が多いのがブドウです。

 

その多くが紫波町内で栽培されており、

現在、平年より1週間程度早く、開花期を迎えています。

20150605

 

よく見ると分かりますが、ブドウの花は花びらを持たず、

めしべとおしべだけがあるんですよ。小さくて可愛らしいですよね。

 

ブドウ農家はこれから、一つひとつ手作業で房を整えたり、摘粒するなど、とても細かい作業が続きます。

 

レタス出荷中!

IMG_5097

5月下旬に入り、JA管内ではレタスが出荷最盛期を迎えています。

この天候で、レタスも平年より1週間~10日程度生育が早まり

いつもより早く出荷がスタートしました。

 

image

 

レタス農家が早朝から収穫し、午前7時までにJA選果場に運びこんだレタスは

「朝どりレタス」としてその日うちにスーパーの野菜売り場に並び、

「新鮮でおいしい」と特に好評いただいています。

 

レタス出荷

レタス出荷箱

水稲の種まきが最盛期

IMAG0627

(種を蒔いた育苗箱に加温するための出芽器に育苗箱を積み重ねていきます。)

4月も下旬にさしかかりましたが、管内では水稲の種を育苗箱に蒔く作業が最盛期を迎えています。
今年は、ここ数日荒れた天気が続き不安も有りますが、健康な苗を作るために日々の管理に気をつけています。

IMAG0623

 

育苗箱に床土が詰められ、芽出しした種籾が蒔かれていきます。(ブレててすいません。)

リンゴ剪定指導会

高くて太い枝は、柄の長いノコギリで

節分を迎え、暦の上では春を迎えましたが、盛岡ではまだまだ冷え込む季節が続きます。

このところ晴れの日が続き道路は乾いていますが、一歩道路から外れると雪がしっかり積もっています。

こんな季節ですが、リンゴ農家は寒風吹きすさぶ中、剪定作業を行っています。リンゴの木が寒さで休眠している間に枝を整理し、今年もいいリンゴをたくさん実らせるための大事な作業です。
JAでは講習会を開き生産者の皆さんと剪定のコツを学びます。

謹賀新年。

DSC_0554

外は吹雪・・・

DSC_0539

強力な低気圧が北日本を覆っており、事務所付近は地吹雪です。
急に、真冬の景色になってしまいました。

DSC_0540

↑ページトップへ