JAいわて中央の農業

産地の風景

春はもうすぐ②

IMG_0272

土から顔を出したこちらの小さな芽。

植えられているのは、スナップエンドウです!

4月上旬までペーパーポットで栽培され、4月10日頃を目途に定植。

その後、6月に収穫期を迎えます。

IMG_0055

 

ぽかぽか陽気に誘われて、カエルも顔を出していましたよ!

春の訪れを感じますね!

IMG_03041

 

春はもうすぐ

ph1

年間の収穫量が約3100tと県内でも有数の小麦産地であるJAいわて中央管内では雪もすっかり解けて小麦が成長しています。

ph2

 

こちらは3月23日に撮影した圃場の様子です。

JAいわて中央管内では「ゆきちから」「ナンブコムギ」「銀河のちから」と主にパンや中華麺に使用する品種を栽培しています。

小麦は栽培する地域や収穫する時期の違いから秋まき小麦と春まき小麦に分けられますが、管内では秋まき小麦を栽培しています。

昨年の9月中旬~10月上旬の間に種をまいた小麦は写真のような長さまで成長し、このまま雪の下で冬を越します。

雪が解けて温かくなると一気に成長し、6月下旬には刈り取り作業を迎えます。

雪が降ったり気温の低い日もありますが、確実に春が近づいています。

↑ページトップへ