お知らせ

盛岡税務署より新型コロナウイルス感染症の影響による納税猶予制度のご案内

| お知らせ

盛岡税務署からのお知らせです。

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方には猶予制度があります。

税務署に申請することにより、納税が猶予されます。

新型コロナウイルス感染症の影響により、国税を一時に納付することができない場合、税務署に申請することにより、次の要件のすべてに該当するときは、原則として1年以内の期間に限り、猶予が認められますので、所轄の税務署(徴収担当)にご相談ください(国税徴収法第151条の2)。

 

○要件
① 国税を一時に納付することにより、事業の継続又は生活の維持を困難にするおそれがあると認められること。
② 納税について誠実な意思を有すると認められること。
③ 猶予を受けようとする国税以外の国税の滞納がないこと。
④ 納付すべき国税の納期限(注1)から6か月以内に申請書が提出されていること。
※ 担保の提供が明らかに可能な場合を除いて、担保は不要となります。
(注1)令和元年分の申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の確定申告は、延長された期限(令和2年4月16 日)が納期限となります。
(注2)既に滞納がある場合や滞納となってから6月を超える場合であっても、税務署長の職権による換価の猶予(国税徴収法第151 条)が受けられる場合もあります。

税務署において所定の審査を早期に行います。

○猶予が認められると
原則、1年間猶予が認められます。(状況に応じて更に1年間猶予される場合があります。)
▶ 猶予期間中の延滞税が軽減されます。
▶ 財産の差押えや換価(売却)が猶予されます。

 

制度の詳細につきましては国税庁のHP(外部サイトへリンクします)をご覧ください。

ページの上へ