JAってなあに?

JAとは

JA(農業協同組合)は、企業とは異なり、農業を営んでいる人たちと、地域の人たちが出資をしてつくった組織で、営農やくらしに必要な事業を行っています。
人々が力を合わせて助け合う「相互扶助」の精神のもとで農業やくらしを守り、よりよい地域社会を築いていくことを目的としてつくられ、全国のほとんどの地域にあります。

JAの組合員

JAは組合員を中心に、各種事業のサービスを提供しています。
また、出資の配当、事業利用の配当を受取ることができます(配当の有無や額は年度によって変わることがあります)。
さらに、ローンなどの組合員引下げ率での借入等、お得な特典があります。

組合員の資格

組合員には農業者がなれる正組合員と農業者以外が慣れる准組合員の2つがあります。JAの組合員には農業に従事している「正組合員」と農業者以外の「准組合員」があります。
正組合員にはJAの運営にかかる議決権や選挙権等がありますが、事業のご利用に関しては正組合員、准組合員とも同じサービスを受けることができます。

組合員になるには?

お住まいの地域の最寄りの支所窓口にて受け付けています。
加入にあたっては、申込書の記入の他、出資金の払込みが必要となります。

詳しくは、最寄りの支所・出張所へお問い合わせください。

JAでは食農教育・青少年育成にも力を入れています

農業体験の様子JAでは、農作業体験ツアーや学童農園を企画し、子どもたちやその保護者が食と農を考える場を提供しています。
また、スポーツ少年団の支援など、子どもたちの成長のお手伝いをしています。

ページの上へ