JAいわて中央の特産品

「純」な自然と、ひたむきな「情」
今日もおいしさを全国にお届けします!
あんしん産地『JAいわて中央』

全国有数の畜産県岩手は、たい肥の使用量が全国でもトップレベル。JAいわて中央管内でも肉牛や肉豚が盛んに飼育され、作られる米や野菜、果物などの農産物は、化学肥料だけに頼ることなく、大地の恵みを体いっぱい取り込んですくすく育っています。

そして、管内全域では農薬の使用量を極力減らした栽培方法を実践。お届けする全ての農産物については栽培履歴の記帳を行っており、「安全」で「おいしい」、そして「人と環境にやさしい」生産に努めています。

奥羽山系と北上山系に囲まれ、そこから湧き出る清らかな水と澄んだ空気、豊かな大地を最大限に利用した、あんしん産地『JAいわて中央』。今日も自然のおいしさを全国のみなさまにお届けいたします。

おこめ

日本一の産地/もち米

もち米

岩手県は全国でも有数のもち米生産県。なかでもJAいわて中央のヒメノモチは、JA別では日本一の生産量を誇っています。昭和55年にJA全農からもち米団地の指定を受け、現在の栽培面積は約1,714haで、約8,067万t以上のもち米が生産されています。

主な品種は「ヒメノモチ」と岩手県オリジナル品種の「もち美人」で、食味はもちろん、白さとなめらかさは抜群です。

安全・安心・顔が見える生産/うるち

特別栽培米

「安全・安心・顔が見える生産」を合言葉に、管内全域で農薬と化学肥料の使用量を減らし、有機質肥料を取り入れた特別栽培米に取り組み、人と環境にやさしい栽培を実践しています。
作られている品種は「ひとめぼれ」「あきたこまち」「銀河のしずく」「どんぴしゃり」です。
また、生産者全員が生産履歴を明確にするため、栽培管理記録簿を記帳しています。

こむぎ

風味豊かな味わい/ゆきちから・銀河のちから

小麦

JAいわて中央管内で生産されている小麦は、栽培面積約1,385haと、県内一の作付面積です。

品種は「ゆきちから」「銀河のちから」「もち姫」で、風味豊かな味わいが特徴。団地化された圃場で生産組織により作られています。

そば

生産量岩手県一 農薬を使わない安全なそば

管内で生産されているそばは400ha以上の作付面積を小麦後の1年2作で栽培されています。農薬は一切使っていない安全なそばです。

やさい

新鮮、獲れたて/夏秋野菜

新鮮野菜

岩手県は全国でも有数の野菜の産地。昼と夜の気温の格差が大きく、この温度差が野菜の身をシャキッとしめ、おいしく育てます。そして、冷涼な気候のおかげで病害虫の発生が抑えられ、農薬の使用量を減らすことができます。

JAいわて中央管内で作られている野菜はキュウリ、トマト、ミニトマト、ネギ、ピーマン、キャベツ、ズッキーニ、レタスなどで販売額は約16億円。
なかでもキュウリ、ミニトマト、ネギは県内有数の主力産地で、全国各地に出荷しています。

くだもの

特別栽培をブロックローテーションで実施/リンゴ

特産品のりんご

JAいわて中央管内のリンゴ栽培では、岩手県が定めている慣行栽培より、農薬・化学肥料の使用量を半分以下にした、全国で唯一共選共販による特別栽培を実践。829戸の農家が約460haで「ふじ」をはじめ、「さんさ」「きおう」「ジョナゴールド」などを栽培しています。

4ヵ所あるJAの選果施設には光センサー選果機が導入され、熟度や糖度を正確に測定し選別出荷を行っています。さらに、最新の蜜測定器を使った、完熟蜜入り保証リンゴ「蜜の極み」や、こだわりリンゴの「葉ップル」「じゅくりん」などもお届けしています。

新ガイドラインによる表示(節減対象農薬の使用状況)

キャンベルは県内一/ブドウ

キャンベル

なだらかな傾斜地を利用し、被覆栽培により「キャンベル」「ナイヤガラ」や、人気の大粒種「紅伊豆」「藤稔」などを生産しています。 販売額は約1億6千万円で、なかでもキャンベルの生産量は県内一。ワインの原料にも使われ、もぎたての秋の味覚をお届けしています。

バラエティーな品種揃い/西洋なし

西洋なし

フルーツの里として知られる管内は、西洋なしの栽培も行っています。
9月~12月の長期出荷に対応するべく、「ゼネラル・レクラーク」「ラ・フランス」を中心に約5品種を組み合わせて栽培しています。

おにく

地域で育てた優良素牛/いわて和牛

JAいわて中央管内では水稲と野菜、畜産を組み合わせた複合経営が行われており、黒毛和牛や短角牛の飼育も盛んです。農家が丹精込めて育てた県内統一ブランド「いわて和牛」は、生産者と改良協会が一体となり、優良素牛として地元をはじめ、全国各地へ出荷しています。

肉のうまみとやわらかさが逸品/しわ もちもち牛

しわ もちもち牛

もち米産地である地の利を活かし、もち米を中心とした地元産の飼料を与えて育てた「しわ もちもち牛」。もち米には肉のうまみ成分をつくるオレイン酸をアップする効果があると言われています。そのもち米を食べて育ったもちもち牛は、肉のうまみと柔らかさが逸品です。

こだわりの飼育で、くさみ少なく好評/アイコープ豚

アイコープ豚

JA管内の契約農家が飼育し、いわて生協の店舗や共同購入形式で販売する「アイコープ豚」。飼料のトウモロコシは遺伝子組換えでないものを使用し、国産飼料米も配合しています。動物質性飼料を使っていないため、くさみも少なく、やわらかく美味しいと消費者から高い評価をいただいている人気の豚肉です。

関連リンク:いわて生協ホームページ【豚肉】JAいわて中央アイコープ豚生産者の会

きめ細かく、ジューシー/しわ黒豚

しわ黒豚

世界一おいしいといわれる「六白バークシャー」に安全な飼料と地養素を与えて飼育した「しわ黒豚」。肉はとても柔らかでジューシー。脂身はさっぱりとして他の豚にはない甘味とコクがあり、コレステロールが少ないヘルシーな豚肉です。

関連リンク:いわて生協ホームページ【豚肉】JAいわて中央しわ黒豚生産者の会

きのこ

大自然の風味/生しいたけ

キノコ

こだわりの栽培で作られる生しいたけ。
JAいわて中央の生しいたけ、ヒラタケ、ナメコなど菌茸の販売額は約3億円。なかでも生しいたけは県内有数の生産量を誇っています。

大自然の豊かな香りと味にこだわり、最新技術を導入した菌床栽培にも取り組み、全国へ周年出荷しています。

はな

華やかな彩りと優しい香り/花き

花き

緑豊かな自然に囲まれたJAいわて中央。管内では、ユリやりんどう、小菊など花の栽培も盛んに行っています。販売額は約1億3千万円。県内はもとより航空便で関東、関西方面へも出荷しています。

また、生産者自らがアレンジした花束を産地直送で量販店にお届けしています。

ページの上へ